ダンナの転勤により2007年7月20日よりサンディエゴに住んでます。2011年1月から日本に出稼ぎ中。


by gamapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LA観光

はじめてロサンゼルスの泊まりで来たので、翌日はベタな観光地へ。

まだ行ったことがないハリウッドへ。
まずは、ハリウッドサインを見に行きます。
ハリウッドサインって、ハリウッドの中心部からも見えるらしいんだけど、近くで見えるスポットを前日ネットで調べたのでそこを目指します。
Hwy101をN Beachwood Drで降りて住宅地を登っていきます。
ここからでも遠めにみえますが、さらに近くで見るために、住宅地をどんどん登っていきます。
d0114149_5381554.jpg

Ledgewood Dr,⇒Deronda Drとほっそい道を進んで、めざすは、『3380 Deronda Dr Los Angeles, CA 90068』あたり。
地図上は道が続いてますが、この先はコミュニティーのゲートがあるんで、通り抜け出来ません。
ぐねぐね道&きつい登り&超狭い道(対向車と行き違いも難しい場所がたくさん)、なので気をつけて運転します。
こういうとき、iPhoneのGPS機能はとっても便利。
こんな感じでハリウッドサインが近くに見えます。
d0114149_611298.jpg
google Mapのストリートビューで見るとこんな感じ。↓
d0114149_5565334.jpg

普通の住宅地なので、住人の方に迷惑にならないように車を止めて記念撮影して、さっさと撤収!
こんな分かりにくい場所なのに、けっこう穴場として知られてる見たいで、5、6台くらいは車で写真撮りに来てる観光客がいました。
狭い道&行き止まりでUターンしなくちゃいけないので、けっこう大変なことになってた。

で、ハリウッドといえば、ココ。チャイニーズシアターへ。
d0114149_613559.jpg
チャイニーズシアター前の広場には、ハリウッドスターの手形&足型があります。
d0114149_6195851.jpg
d0114149_6242247.jpg

1935年のシャーリー・テンプルのちっちゃい手形&足型。
R2D2とC3POのもあった。
d0114149_6264796.jpg
ドナルドダックの足型もあったりして、結構面白い。

シアター前のハリウッド・ブルーバード沿いの歩道には、俳優や監督、ミュージシャンの名前が入ったプレートが埋め込まれてて、いろいろ探すのも楽しい。
d0114149_631529.jpg

一番人気は、マイケル・ジャクソンでした。記念撮影する人でいっぱい。
d0114149_6332563.jpg

この日は、記録的な猛暑となったLA。
ほんっとに暑くって、早々に退散~!
[PR]
# by gamapan | 2010-09-26 05:32 | お出かけ

LAお泊り&ライブ

サンディエゴに住んではや3年。
ロサンゼルスまでは車で約2時間ほどなのですが、ほとんど遊びに行ったことはナシ。いつでも行けると思うと行かないの法則です。
渡米3年目にして、初めて泊まりでLAへ行って来ました。d0114149_1531516.jpg

お昼前にサンディエゴを出発、遅めの昼食をオレンジカウンティのサイプレスにある『Cafe Hiro』で。

前回、お友達に連れてきて頂いて2回目。
お腹いっぱい、おいしかったです。
デザートのパンナコッタがおいしかったんで、今日も食べようかと思ってたけどお腹ぱんぱんで無理だった・・・。


お店のお姉さんが、とっても美人ぞろいでダンナ大喜び。


その後、本日のお宿へ。『ミヤコ ハイブリッドホテル(MIYAKO HYBRID HOTEL TORRANCE)』
d0114149_15333268.jpg
トーランスのミツワ(日本食スーパー)の横に昨年12月にオープンしたホテル。ネットのクチコミが、日本人も外国人にもとても好評だったので&お値打ち価格で部屋が空いてたので、ロサンゼルスのダウンタウンまでは車で30分ほどかかるのですが、ここに決めました。
ミヤコホテルにして、大正解!
スタッフの方々のサービスもきめ細かいし、お部屋も広いし、オープンしてまだ1年も経ってない館内はピッカピカ。
d0114149_15342768.jpg
d0114149_15353185.jpg
テレビもデカイ。50インチぐらい? 
もちろん、日系ホテルなんで、テレビジャパンが見れます。
ひっさしぶりに『名曲アルバム』とか『NHKのど自慢』なんか見ちゃったよ。

場所柄、ビジネス利用のお客さんが多いからか、デスクも大きくてしっかりしたものが置かれてました。
デスク脇のコンセントも2口あってPC利用に便利。
そして、クローゼットの中には『スリッパ』!!さすが日系ホテル!!スリッパあるとうれしいよね。
d0114149_15365061.jpgd0114149_15374968.jpg


d0114149_1539414.jpg

そして最大のオススメポイントは、バスルームが『ジャパニーズスタイル』。
洗い場がある!TOTOのディープバス!浴槽大きい!深い!!
サイコー!

風呂桶とイスも完備されてるし、なんだかここがアメリカだって忘れてしまうバスタイムが堪能できちゃう。
浴槽大きめだし、洗い場も広いのでちょっとした温泉気分。

私、3回お風呂入りました。夕方、夜中、翌朝、と。
このために入浴剤(ツムラの日本の名湯・山代温泉)を持参。

ちなみに、トイレはウォシュレットでした。

ホテルの1階にはレストラン『権八』と岩盤浴スパの『利楽園』が入ってて、今回利用する時間が無かったけど、そちらも良さそうでしたよ。

今回、直前予約&週末利用だったためか、とってもお安く泊まれたのでラッキー。
どうやら平日利用のビジネス客が多いためか、週末の方が安いみたい。
今後LAに用事があるときはまた利用したいホテルでした。

d0114149_1628687.jpg

さて、今回泊まりでLAに来た目的は・・・・

『X JAPAN』のライブです。

北米ツアーの初日が、ここロサンゼルスのWiltern Theaterで行われるのです。

今回夫婦共々初めてのXライブ。





d0114149_1734383.jpg
開場予定のPM6:30をちょっと過ぎて現地に到着。
どうやらまだ入り口は開いてない。
会場前の歩道は開場を待つ人の列がず~っと続いてる・・・・。
どこが最後尾ですか~?

ぐる~っと回ってUターンし、ようやく最後尾らしき場所を見つけ並ぶも、一向に列は動かず。
開場6:30だったよね・・・?
去年ぐらいに日本であったコンサートも遅れて始まったらしいし、待ちましょう。

お客さんは、年齢層も人種も幅広く、気合の入ったコスプレの人もいたりして行列見てるだけで結構面白い。

7:30頃に開場、ようやく少しづつ列が動き出し、8時頃に会場に入れました。
d0114149_1710479.jpg
すでに中では前座のバンドが演奏中。
バーでカクテル買ってロビー2階で下を見ながらしばし休憩。

クラッシックな内装のなかなか雰囲気のいい会場でした。
席は1階は座席ナシのフロア、2階はたぶん備え付けの座席ありだったみたい。
私達のチケットは1階。
会場に入るとすでにステージ前からスタンディングで人がびっちり。
さきほどの行列の前の人たちは、どうやら前日の夜から場所取りして並んでたみたい。

うちら夫婦、もう若くありませんし、激しくノリノリは体力的にもダンナの腰的にも厳しいので、後ろのバーコーナー前の手すりに寄りかかれる場所をキープ。
それでも小さい会場だから、十分にステージは見える。

前座が終わり、機材の調整で結構時間がかかってる。
待ち時間は、マルガリータでも飲みながら待ちます。

9:30頃からライブ開始。

YOSHIKI、すごいね。
はじめ見た時、首にスカーフ巻いてるんだと思ってたら、よく見たらコルセット。
頚椎痛めてて、手術もしたって聞いてたけど、あんな激しく動いて大丈夫なのか心配になった。
そのぐらいパワフルな演奏でしたよ。
ダンナは、激しくドラム演奏した直後に普通にピアノ弾けることにいたく感心しておりました。
遠い遠い昔にドラムやってた時の記憶では、手が震えて無理、だそうです。
どんな鍛え方してるんだろ?
10月10日のニューヨークでのライブまで残り6公演、すごいなぁ。

d0114149_17241534.jpg

[PR]
# by gamapan | 2010-09-25 15:24 | お出かけ
レイバーデー旅行③ グランドティトン その1』のつづき

午後からは、初心者向けの短めトレイルを歩きます。
ジェニーレイク ビジターセンターの駐車場に車を停め、ジェニーレイク(Jenny Lake)の対岸までのトレイルです。
d0114149_7212773.jpg
ジェニーレイクにはシャトルボートがあり、これに乗れば対岸まで10分ほどで行けます。
d0114149_7224623.jpg
私達は、湖の周りを半周歩き、帰りは対岸からボートに乗ります。
d0114149_7241731.jpg
右手にはジェニーレイク、左手にはティトン山脈を見ながら、森の中を歩きます。
初心者向けの短いトレイルだけど、そんなに人もいないし、『動物見れるかな~。』と歩いてたら、いきなり鹿が草食べてた。
大きい耳が特徴の『ミュール鹿(Mule Deer)』です。
しっぽの先っちょが黒いので、ホワイトテールディアーと見分けられます。
d0114149_7255119.jpg

d0114149_7272048.jpgさらに、しばらく行くと何か動物の鳴き声が。

イエローベリー マーモット(Yellowbelly Marmot)の夫婦?が、コチラを警戒して鳴いてたみたい。

ちょっと遠かったので、もしかしたらビーバー!?とも期待したけど、図鑑で確認したら、マーモットでした。

ビーバーも見たいなぁ。

あと、私が気になっている動物に『ピカ(Pika)』というのがいまして、日本で言うところの『ナキウサギ』。
d0114149_747374.jpg こちら参考画像。⇒

なにこれ、すげーかわいい。
体長15センチ~20センチ、ちいさい、かわいい。
私はピカって『ひこにゃん』にどことなく似てると思うんですが、いかがでしょう?
d0114149_751268.jpgしかも、花や草を口いっぱいにくわえて岩場を走り回るらしい。
・・・・なんてメルヘンな生き物なの・・・・。


ピカ、見たい!って思ったけど、標高の高い岩場に生息。
警戒心が強いし、小さいし、ちょこまか動き回るから、見るのは難しいかな~、と思ってたのですが・・・・・。
d0114149_729133.jpg
トレイル脇の茂みの中を走りまわるピカ、あっさり見つけちゃいました。
こちらマイカメラでとらえたピカ。⇒

自分の動体視力が怖いわ・・・。

見つけた瞬間、「ピカ!ピカ~!!!ピカー!」ってさけんだけど、どこのピカチュウですか・・・。

ナマで見るピカ、たいへんかわいらしゅうございました。

湖岸でしばし休憩。
d0114149_862786.jpg
たま~にシャトルボートやカヌーが通るけど、ほんっとに静かでおだやか。レイバーデーの連休中だけど、アメリカの国立公園ってちょっとトレイル入ったら人口密度が低くていいよね。
クマとかいるとこだと、あんまり人いないと不安になるけど。(笑)
ちなみに、グランドティトンもコレから行くイエローストーンもクマいます。クマ鈴やベアペッパーも売店で売ってたよ。

きれいな小川を渡って、『ヒドゥンフォール(Hidden Falls)』までちょっときつめの登りのトレイルが続きます。
d0114149_8173318.jpg
d0114149_824676.jpg

ヒドゥンフォール

シャトルボートで渡って、この滝だけ見に来る人も多いみたい。
ボート乗り場からは、短いトレイルなんだけど、なんせきつめの登り。
おじいちゃんおばあちゃん達もゆくっり登ってました。

d0114149_8283711.jpg
滝から見える斜面は、ちょうどいいロッククライミングの場所のようで、いっぱい人が登ってたよ。

帰りはシャトルボートで10分で対岸へ。


d0114149_8325397.jpgはやめに今日の宿へチェックイン。

公園内の宿は取れなかったので、モランのゲートを出てしばらくいった場所にある、ハチェットリゾート(Hatchet Reasort)というモーテルをとりました。

ログハウス風の内装。
お風呂は湯船なしのシャワーのみ。なんで、ダンナには大不評・・・。
1時間ほど仮眠を取って、晩御飯を食べに公園内へ戻ります。
d0114149_8412027.jpg
シグナルマウンテンロッジ(Signal Mountain Lodge)のレストラン。
昼間に見て、雰囲気も景色も良さそうだったのでここで夕食にしました。

おなじ建物内には、バーコーナーともう少しカジュアルなグリルもあります。

夕日を見たかったので、ちょっと早めの時間にお店へ。
d0114149_8413595.jpgダンナの頼んだエルクステーキ。
こちら大正解、おいしかったそうです。

かたや私がたのんだ神戸ビーフのステーキ、大失敗。
ここ数年でダントツのまずいものでした・・・・。味付けがね、なんかもうしょっぱすぎて食べれんかった。
シェフがなんか間違ったんだろうか?って味・・・。

前菜とかはね、おいしかったんだよ。ワインも。


景色もね、最高でした。
d0114149_8534220.jpg


明日はいよいよイエローストーンへ行きますよ~。

続きはこちら、『レイバーデー旅行⑤ イエローストーンその1
[PR]
# by gamapan | 2010-09-23 07:18 | 旅行
レイバーデー旅行② ソルトレークシティ ⇒ ジャクソン』のつづき

旅行3日目、 ジャクソンの宿を朝8時に出発して、『グランドティトン国立公園(Grand Teton National Park)』へ。

まずは、動物が観察しやすいというアンテロープ・フラット・ロード(Antelope Flat Road)へ。
この道沿いには、ここが国立公園になる以前、19世紀に入植し生活していた人達が住んでいた住居跡があり、ティトン山脈をバックになかなかフォトジェニックな風景が広がってます。
d0114149_13313857.jpg
農業するにも厳しい環境の場所だったらしいので、当時は大変だったんだろうけど、この景色はすばらしいねぇ。
d0114149_13315956.jpg
ちなみに、国立公園指定前からここに住んでいる人の子孫で、現在もグランドティトン内に住んでいる人達もいます。公園内の所々で普通のお家を見ました。
彼らが経営する牧場もあります。
そういう意味では、珍しい国立公園みたい

さて、写真を撮ってさらに先に進もうとすると、遠くに見えていたバイソン(バッファロー)の群れが、こちらに近づいてくるではないですか!
これは、バイソンが近くで見れるかもと、路肩に車を停めてしばし待機。
どんどん近づいてきて道を横断し始めた!
d0114149_1333417.jpg
d0114149_13342495.jpg
車の周りはバイソンで囲まれちゃいました。
でっかいなぁ・・・・。
d0114149_1401534.jpg
バイソンは普段はのんびりした動きだけど、怒らすと突進してきたりするそうなんで、エンジン切ってひたすら静か~に観察。
ちなみに公園内で、野生動物に自分から25メートル以内に近づくことは禁じられてます。クマは100メートル以内はダメ。
d0114149_1454961.jpg

バイソンの群れが遠くに離れるのを確認して、次の目的地へ出発。

途中で、シカ発見! ホワイト テール ディアかな?

『トランスフィギュレーション礼拝堂(Chapel of the Transfiguration)』
d0114149_14154929.jpg
小さい丸太づくりの礼拝堂。
日曜日の礼拝も行われているそうです。私達が行った時は、おばちゃんがオルガンの練習をしてました。
正面の小さな窓からは、ティトン山脈のこの眺め。
d0114149_14191391.jpg
お天気も良くて、どこを見ても絵になる景色。
d0114149_14251341.jpg

d0114149_14275284.jpg

再び動物みっけ!!
ちょっと遠いんで画像は荒いけど、プロングホーン(Pronghorn)です。
特徴的な形の角があるんで、これはオスですね。

本気になると時速90キロ近くでで走るそうな。


しかし、ドライブしててもこの絶景。
この切り立ったティトン山脈は、プレートの移動による隆起と氷河の働きなんかで出来てて、アメリカで一番新しい山。今でも数千年ごとの大地震で隆起し続けてるんだって。
d0114149_14435378.jpg


午後からは、ちょっとトレイルを歩きます。

続きはこちら、『レイバーデー旅行④ グランドティトン その2
[PR]
# by gamapan | 2010-09-20 13:31 | 旅行
レイバーデー旅行① マウントラシュモア』からのつづき

旅行2日目、今日は移動日。

サウスダコタ、ラピットシティ空港。空港の周りにな~んもないです。
d0114149_5135523.jpg
12:30発のちっちゃい飛行機に乗って、再びソルトレイクシティへ。

PM3:00、ソルトレークシティ空港でレンタカーを借りました。
d0114149_5194597.jpgまたまたアップグレードで、デカイ車に。ラッキー。

ラピッドシティで借りたのは大きすぎてちょっと大変だったけど、これくらいならちょうどいい。
車高も高いので、これからの動物探索もしやすいでしょう。

今日の宿であるワイオミング州のジャクソンまで、約5時間のドライブです。

googleマップのルート検索によると、ソルトレークシティから東へ走り、ハイウェイをおりて北上、ワイオミングへ入るルートが出てきたんだけど、『暗くなる前にジャクソンに着きたい、なるべくハイウェイを使って行った方がいいんじゃね?』と、自分で判断し、I-15を使いソルトレークシティを北上、アイダホ州を経由してワイオミングへ入るルートを選んだのですが、これが後にとんでもない道を通ることになるとは・・・・・。

アイダホ州、初上陸~!!! ポーテートー!!!
d0114149_5313031.jpg
アメリカはでっかいねぇ・・・。見渡す限りなんもねえぞ。
d0114149_5325274.jpg

だんだん道が細くなり、最終的にはなんか農道なんじゃないかってくらい車が走ってない道になってきちゃいましたよ。
道の両側は牧場ばっかりになってくるし・・・・。
ついには、牧場の柵さえなくなったんですけど。

案の定、ウシ、横断中。
d0114149_5355894.jpg
横断中っていうより、食事中か。
d0114149_5361899.jpg
ウシやウマに注意しながらのドライブ、なかなかスリリングでしたのことよ。
てか、こんな道、暗くなったら怖くて走れないよ。
ますます『明るいうちにジャクソンに到着できるかどうか』がと~っても重要になってきたぞ。

こちらの道をはさんで右側がアイダホ、左側がワイオミング。
d0114149_5404673.jpg
どうにかワイオミング州に入りました。
ようやくジャクソンに着いたのがPM8:30ごろだったかな。
ジャクソンはグランドティトン国立公園の南口近くにある町で、観光客向けにホテルやレストラン、おみやげ物屋さんなんかが集まってます。
おいしそうなレストランもいっぱいありました。私達が入ったのは、なぜかタイ料理レストラン。
だって、イエローストーンの宿は公園内なんで、しばらく米は食べられないだろうと思ったから。
ちっちゃい店だけど、なかなかおいしいお店でよかった。

d0114149_5494715.jpgジャクソンの街中には、こんなエルクの角でつくったゲートがあります。
これは帰りに寄ったときに撮った写真。


明日は『グランドティトン国立公園』へ出発です。

つづきは、『レイバーデー旅行③ グランドティトン

[PR]
# by gamapan | 2010-09-19 05:11 | 旅行