ダンナの転勤により2007年7月20日よりサンディエゴに住んでます。2011年1月から日本に出稼ぎ中。


by gamapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さて、ウェストイエローストーンからの帰り道、もう一度オールドフェイスフルへ寄ってみました。
d0114149_1328313.jpg

1日目にちょっと寄ったけど、人が多くてあまり見学できなかったホテル『オールドフェイスフル・イン(Old Faithful Inn)』

d0114149_13342557.jpg
1904年に完成した、吹き抜けのロビーが印象的な世界最大のログキャビンホテル。
ロビーから見上げた眺めは、なかなか壮観です。

もちろん園内で一番人気の宿。
予約取るのも難しそう。
でも、泊まらなくってもホテル内にはは入れるし、見学ツアーとかもあるらしい。


ロビーを見下ろすように各階にはベンチが置いてあるので、コーヒー片手にゆっくりとくつろいでみるのもなかなか良いかんじ。

階段とかちょっと傾いてたりして、地震とか大丈夫なの?と頭をよぎるが、100年以上大丈夫だから、きっと平気なんでしょう・・・。
d0114149_13395933.jpg
d0114149_13433258.jpg



ホテル内のバーで作ってもらったオリジナルカクテル片手に、気持ちのいいテラスに座って、しばし待つ・・・・。

何を待つかというと・・・・・・・・ オールドフェイスフルの噴出がホテルのテラスからも見えるのです。
d0114149_13452523.jpg


ゆっくり楽しんだ後、ロッジへ帰ると、駐車場にエルクが。
d0114149_13473835.jpg


~~~~~~~~~~~~~~

翌日、最終日の朝ごはんもロッジの湖沿いのレストランにて。
イエローストーンレイクを見ながら朝ごはん。
d0114149_13571319.jpg

イエローストーンから、ソルトレイクシティまでのロングドライブです。
グランドティトン国立公園を抜けて、南下します。
帰り道のグランドティトン山脈は雪景色。綺麗。
d0114149_13574924.jpg

長年の念願だったイエローストーンももちろんすばらしかったけど、グランドティトンもすごく良かった。
また来たいと思える場所でした。
おばあちゃんおじいちゃんになってから、小さいキャンピングカーに乗ってのんびり滞在するのもいいな。(実際そういう老夫婦をたくさん見かけた)
d0114149_1435460.jpg



途中、ジャクソンの町に再び寄ったら、町のお祭りしててにぎやかでした。d0114149_1484988.jpgd0114149_149259.jpg
ソルトレイクシティまでは順調にドライブし、飛行機に乗り換えて夜にはサンディエゴへ到着!
7泊8日の旅行の大満足にて終了!動物もいっぱい見れてよかったよかった。
[PR]
by gamapan | 2010-12-31 13:27 | 旅行
d0114149_3154545.jpgさて、イエローストーンも4日目。
朝起きたら、雪が積もってた!昨夜しんしん降り続いたからねぇ・・・。

でも、今日も出かけますよ。
今日は、一日目に行ったオールドフェイスフルより北にある『ノリス・ガイザー・ベイスン(Norris Geyser Basin)』へ行き、マディソンから西へ向かい公園西口の外にある『ウエストイエローストン』の町へ行く予定。
途中、標高の高い『アイザレイクIsa LAke』辺りはこんなかんじで雪景色。
まさか、9月初めに雪が見れるとは思いませんでしたよ。
d0114149_32475.jpg
ちなみに、イエローストーンは10月下旬~4月中旬の冬の間は、一部エリアを除いて閉鎖されます。大雪で。


天気のせいか、場所のせいか、ガイザーを見て回ってる人も少なく。
d0114149_5513625.jpg
d0114149_552224.jpg
っていうか、すんごい寒い。

温泉入らせろ~!!って思うほど。
湯気が温かいです。
d0114149_5522920.jpg
雨も降ってくるし、風も強くて寒いしで、早々に車に引き上げます。

ガイザー見学はこのくらいにして、一旦公園を西口ゲートから出て、『ウエスト・イエローストーン』の町へ向かいます。


d0114149_613688.jpg
マディソン(Madison)からウェストイエローストーンへ向かうマディソンリバー沿いの道を車で走っていると、前から何か来るよ・・・。
d0114149_633814.jpgパトカーに追い立てられながらも、マイペースの歩みはバイソンです。
d0114149_66317.jpg対向車線のバイソン渋滞を解消するために、パトカーが駆けつけたみたいです。
バイソン渋滞が、こっちの車線でなくってよかった~。
反対車線、この後ろに長~い長~い渋滞が続いてました。
さすがに渋滞がひどい時はパトカーがバイソンの交通整理?するのね。

このルート、マイペースバイソンのお散歩が多発するのか、道端に『この先バイソン歩行中、渋滞注意』みたいなサインが表示されてました。


d0114149_6181694.jpg
さて、バイソン渋滞にも巻き込まれず、お昼にはウェストイエローストーンの町に到着。
公園西口ゲートを出てすぐの小さな町です。

おみやげ物屋さんやホテルが集まった小さな町。
まずは久しぶりにコメが食べたいということで、町に一軒だけのチャイニーズレストランでお昼を食べて・・・・
d0114149_6205750.jpg
こちら、グリズリー・ディスカバリー・センターにて、グリズリーを見るのです。
http://www.grizzlydiscoveryctr.org/
ブラックベアらしきモノは見たけど、グリズリーはまだ見てない。
なので、ちょっとズルしてここで『見た!』っちゅうことにしとこう。

ここでは、グリズリーだけでなく、オオカミも保護されており観察エリアで見ることが出来ます。
d0114149_6302690.jpg
でかいね。
こんなのに森の中で出会っちゃったら、そりゃあ逃げるわ。
イヤリングなんてどうでもいいから、追っかけられたらそりゃあ怖いで。

教育用の展示や映像もよく出来てて、なかなか勉強になりましたよ。

d0114149_6362925.jpg
そして、オオカミちゃん達。

イヌっころのようにじゃれあってました。

イエローストーンのオオカミは、乱獲のために20世紀初めには絶滅してしまったらしいです。
で、もう一度イエローストーンにオオカミをよみがえらせるために、よそからつれてきたオオカミの群れを1995年から園内に放っているらしい。
現在園内のオオカミは、グランドティトン国立公園とあわせて約300頭ほど。



d0114149_6431527.jpg
グリズリー・ディスカバリーセンターの隣には、IMAXシアターがあるのです。
もちろん見る。
一日のうち色々なプログラムが上映されてるけど、私たちが見たのは『イエローストーン』ってやつ。ちょうどタイミングよかった。
大迫力の画面だし、イエローストーンの歴史など、色々お勉強になりました。
こういう教育系の画像は、ナレーションもゆっくりめで聞き取りやすい。(ま、いつものごとく半分以上は想像で補完してるけどな・・・)

結構大きめのギフトショップもあり、上映時間までお土産を見ながら待てばいいので便利。

d0114149_6563838.jpg
帰り道をドライブしてたら、晴れてきた!

ウェストイエローストーンからマディソンまでの道は、マディソン川沿いに走るドライブルートで、とっても綺麗。
川でフライフィッシングしてる人たちをたくさん見ました。
寒そうだったけど、この景色の中での釣りは気持ちが良かろう。
d0114149_775333.jpg
道路脇でオスエルクが佇んでました。
立派な角だねぇ。

さすがに車道のすぐ脇なんで、不用意に近づく人がいないように、パークレンジャーが近くで目を光らせてました。

アメリカの国立公園内にはパークレンジャーがいっぱい。
ボランティアの人もいるけど、この予算のかけ方というか、姿勢は本当にすばらしいと思う。

d0114149_6573066.jpg
ヴィジターセンターや各種レンジャープログラムで行われる教育もすばらしい。

いろんな試行錯誤を続けてきた歴史があって、今のアメリカの国立公園システムがあるんだねぇ。

日本の国立公園をもっと良いものにするにはどうしたらいいんだろうか。
など、色々考えちゃうね。


このあと、オールドフェイスフルのホテルに寄って帰ったんだけど、続きは今晩にでも更新。

今から、刺身買いにいかないかんのでね。
[PR]
by gamapan | 2010-12-31 03:13 | 旅行
絶賛ブログ放置中であります。
今年もあと2日しかないのに、こんなことじゃいかん!
がんばって年内にレイバーデー旅行記だけでも終わらせるつもりであります。
できるのか?

おせちの仕込みの間にがんばって更新します。ちょっとづつ。
さて、!黒豆が煮えるのが先か?旅行記ブログ完了が先か?

イエローストーン国立公園、滞在3日目。
この日はお天気が悪くなるって予報だったのだけど、朝は良いお天気で、イエローストーンレイクが美しい。
d0114149_7412633.jpg

この日は、公園の北側のエリア『マンモスカントリー(Mammoth Country)』へ。
昨日も通ったヘイデンバレーを通り、こんな山道を抜けて、マンモスへ。
d0114149_7414054.jpg

マンモスカントリーには、唯一人が入れる温泉があるのです。
川の中に温泉が流れ込んでいる場所があって、水着着用で入ってもいいんだって!
もちろん温泉の国の人ニホンジンですから、入る気満々で水着もサンダルも持参してたんですが、あいにくのお天気。
マンモスに着くころには、どよーんとした空に冷たい風がピューピュー、下手したら雪になりそうな感じ。
イエローストーンにて温泉はあきらめました・・・。残念なり。
で、マンモスでは、こんな石灰岩のテラスが見れます。
d0114149_813340.jpg
昨日までの他のエリアとはまた違う風景が広がります。 いやー、イエローストーンって広い、そして色々魅せてくれますねぇ。
d0114149_8145970.jpg
一日あたり2トン以上の石灰が温泉として運び上げられているので、テラスの形状は毎日変わり続け、一週間もあれば形が変わってしまうそう。
d0114149_8181094.jpg

しっかし、こんなに温泉が湧いてるんだったら、日本だったら当の昔に温泉場になってるよなぁ・・・。
イエローストーンが日本にあったら、今頃は国立公園じゃなくって、別府みたいになってるんじゃなかろうか。

マンモスのビジターセンター周り。石造りの建物でかわいらしい。ちょっとスイスっぽいというか他のエリアよりリゾートっぽい。
d0114149_8293473.jpg
d0114149_8294798.jpg

とっても寒くなってきたので、マンモス・ホットスプリングス・ホテルのレストランに避難。
d0114149_8322398.jpg
明るくて、なかなか雰囲気のいいレストラン。
でもすっごく忙しかったらしく、なかなか料理がこなくてお腹が空いたよ。。。
d0114149_8323781.jpg

ようやくいただきます。
味は普通。
まあ、国立公園内で味を期待してはならんのです・・・・。


天気もどんどん悪くなるし、寒くなるので、早めに宿に帰ります。
なにせロッジの近くのゼネラルストアは5時に閉まっちゃうんでそれまでに帰り着かなくてはいけません。
帰りの1時間半ほどのドライブ中も動物探索は続けます。
まだ見てないのは『オスのエルク』、『オスのムース』。
「ムースは無理かもしれないけど、立派な角のエルクは見たいね~。ぜひ!」
「いける気がする、今頃ちょっと先でエルクさんスタンバってる気がする!」
など、アホな会話をしながらドライブしてましたら、なんと、エルクの群れに遭遇!!!!
d0114149_851220.jpg

立派なオスが一匹いました!

しかも、この時期のオスは発情期。
メスを呼ぶ鳴き声まで聞けてラッキー。

発情期のオスのエルクは気が立ってて危険って聞いてたんで、少し離れた場所から撮ったのでちょいピンボケ。
でも、すっごく近づいていってるおっさんがいて、ハラハラした。
あぶないよ~。エルクってデカいんで近くて見るとちょっと怖いです。
みぞれが降ってきて、すんごい寒かったけど、エルク見れてよかった~。
d0114149_854060.jpg



さて、続きはまた後で。

正月準備は、とりあえず、栗きんとん、田作り、ローストビーフ完成。
これから、紅白なますと松前漬けに取り掛かります。
[PR]
by gamapan | 2010-12-30 07:34 | 旅行