ダンナの転勤により2007年7月20日よりサンディエゴに住んでます。2011年1月から日本に出稼ぎ中。


by gamapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:旅行( 60 )

さて、アッパー・アンテロープキャニオンのツアーから戻ってきたのが2時くらい。
それから、もう一つのロウアー・アンテロープキャニオンに向かいました。

ロウアー・アンテロープキャニオンは、現地に直接行って入場料を払えば中に入れます。
d0114149_0244070.jpg
ちょびっとだけダートロードを走るけど、短いから乗用車でも大丈夫。この先に小さい駐車スペースと、掘っ立て小屋の料金所があります。

ガイドさんは入り口まで連れて行ってくれるだけなので、自分のペースで見学できる!
ただ、アッパーと違って、大変狭い隙間を通り抜けたり、急な階段を上り下りしたり、足場の悪い所も多いので、高齢者や小さな子供にはちょっと厳しいかも。
なのでほとんどのツアー客はアッパーのみ見学するようで、人が少なかったです。
でも、可能であれば絶対ロウアーも見るべき!!

掘っ立て小屋で入場料($20+$7:ロウアーのツアー代にナバホフィー$7が含まれていたら7ドルは免除)を払って、他の見学者とともにガイドさんに入り口まで案内してもらいます。
案内してもらえないと、入り口わかりません・・・・。
こんなとこから降りていくんです。↓ 
d0114149_027441.jpg
ガイドの男の子が、「ココ」って指差した瞬間、他の見学者も全員「えっ?」て感じで笑えた。
でもコレがすごいわくわくして楽しい!小学生ぐらいの男の子なんか、めちゃくちゃ楽しいんじゃなかろうか?
d0114149_0271710.jpg
d0114149_0273015.jpg


アッパーよりも明らかに狭いです。
太った人は通り抜けられないんじゃないか?
d0114149_0274338.jpg

水の力はすごいです。
ロウアーの方がアッパーよりも岩肌がちょっと白っぽく感じました。
光の関係なのかな?
d0114149_0275753.jpg

まるで波のような模様。
d0114149_0282626.jpg最後は長ーい階段を上って上へ出ます。
本当に細くて深い谷です。
こちらのロウアー・アンテロープキャニオンですが、1997年、突如発生した鉄砲水が谷に流れ込み、ちょうど見学中だった観光客11名が犠牲になりました。
確かにココに水が流れ込んできたら逃げ場ないです。
掘っ立て小屋で入場料を払う時に、必ず入場者全員の名前と国、住所、日付をノートに記入するのですが、これってやっぱり、『もしも』、の時のためなんだろうな。
ここではまったく雨が降ってなくても、上流で大雨が降れば鉄砲水が発生することもあり、見学時は周辺のお天気に十分注意です。


上から見るとこんな感じ。
d0114149_0283863.jpg
お天気が本当に心配だったんだけど、アンテロープキャニオン見れて良かった~!

この後、レイクパウエル湖岸のホテルにチェックインしました。
せっかくだから湖岸に建つホテルに泊まろうとココにして大正解!
湖岸に建つ唯一のホテルとして人気らしく、早めの予約が必要らしいのですが、ホテル予約サイトのエクスペディアで空き部屋を見つけたので迷わず予約!
ホテルからの風景↓
d0114149_155190.jpg
1ヶ月前の予約だったので、湖側のお部屋ではなかったのですが、ホテルのプールサイドからの眺めで十分!
夕日に照らされる岩山を見ながら、ゆっくりできました。
d0114149_16298.jpg


続きはまた明日~。
[PR]
by gamapan | 2008-06-02 00:16 | 旅行
メモリアルデーの祝日を利用して、先週の5月23日の夜から26日まで、旅行に行ってきました。

まずは、金曜日の夜8時サンディエゴ発の飛行機にてラスベガスへ・・・・。
・・・の予定でしたが、なんと悪天候のため飛行機が2時間半の遅れ!
どうにかラスベガスに到着したのは深夜0時。
予約していたレンタカー会社の窓口は閉まってるし・・・・。(別会社で無事借りれましたが。)
という具合に、旅行の始まりはイマイチなかんじでした。
おまけに天気は不安定。
予報ではサンダーストームってなってるし・・・・。
とりあえず、クタクタになって、ラスベガスの空港近くのホテルにて就寝。

翌朝、6時にホテルを出発。目的地のアリゾナ州ページまで約5時間、ひたすら走ります。d0114149_6353475.jpg
もう空はこんな感じ。
途中、前が見えないぐらいの土砂降りに何回かあいました。
そしたらね、ページが近づくにつれて、晴れてきた~!!
d0114149_6384392.jpg
ホントによかったよかった。
この三連休、アメリカ内陸部は大荒れの天気で、おっきい竜巻がいくつも発生したりしてたんだよね。
この後はほとんど雨に降られることもなくでした。

無事ベージの町に到着。びっくりするぐらいちっちゃい町でした。
この旅行最大の目的は『アンテロープキャニオン』。
ダンナの『死ぬまでに絶対行く場所』リストの中の一つだそうです。(笑)
『アンテロープキャニオン』は、鉄砲水の浸食によって出来た狭くて深い谷。
ネイティブアメリカンのナバホ族の自治区内にあるため、勝手に中に入ることはできません。
アンテロープキャニオンは、2ヶ所あり、それぞれ『アッパー・アンテロープキャニオン』、『ロウアー・アンテロープキャニオン』となっています。
アッパー・アンテロープキャニオン』は、ページの町にあるツアー会社主催のガイドツアーでしか見学できません。
私達は12時からの1時間半のツアーをインターネットで予約して行きました。
入り口までドライリバーのダートロード(舗装されていない道)をしばらく行かなくてはいけません。
トラックの荷台に10人ほどが乗り込んで、ガイドさんといっしょに出発です。
で、ツアー会社の前で待っていると、向こうからアジア人の集団が大勢やってくる・・・・。
なんと、日本人の団体ツアーの方々と一緒になりました。アリゾナのこんな小さな町で、40人ちかくの日本人と一緒になるとは・・・・、なんて偶然。

こんなトラックの荷台に揺られていきます。
d0114149_622155.jpg
けっこうガタガタするし、地面が乾いていたら砂埃もすごいハズ。
さて、日本人ツアー団体さんの集団に放り込まれた感じだった私達、これがすごいラッキーだったのです。
団体ツアーの方々は、全員一緒に通訳ガイドとキャニオンに入るので、トラック1台に1人付くガイドさんは、私達2人で独占状態!!
質問もしやすいし、写真がきれいに撮れるポイントも丁寧に教えてもらえるし、超ラッキー。日本人2人相手だから、ガイドさんもゆっくり話してくれて、私でもちゃんと理解できた。
d0114149_6221364.jpg
アッパー・アンテロープキャニオンの入り口。
d0114149_6222484.jpg
コレ、セーブポイントだよね?(笑)

正午前後の時間帯だけ、谷底に光が差し込み、こんな幻想的な光景が見られます。
カメラは三脚がないとぶれちゃう・・・・。
お昼近くの一番良い時間帯ということで、すごく人が多かったのですが、各ツアーのガイド同士でうまく調整して、人が入らずに写真が取れるようにしてくれます。
d0114149_6223586.jpg
谷底は細かーい砂。
砂を岩にかけて、こんな写真も撮れちゃう。
(ああ、やっぱり三脚が必要・・・。)
誰かが、一眼レフ密度が世界一高い場所だってブログに書いてたけど、ホントそのとおり。
三脚持ち込んでるアマチュアカメラマンでいっぱい。
ちなみに、通常のツアーは1.5時間だけど、腰すえて写真撮りたい人用に、見学時間が長い写真撮影ツアーもあります。

光の具合が刻々と変わるので、ほんとうに面白い写真が撮れます。
また、実際に目で見ている色と違う風に写るから面白い。

アンテロープキャニオンは鉄砲水によって作られた谷。
今でもときおり発生する鉄砲水が流れ込みます。
上を見上げると、はるか上部に木が引っかかってる・・・・。
d0114149_622477.jpg
前回の鉄砲水であそこに引っかかったって・・・・。すごいなぁ。

ガイドさんに、「ココから上を見上げて写真を撮ってごらん。」と言われて写した写真。↓
d0114149_6231314.jpg
上下ひっくり返すと・・・・、『モニュメントバレー』になります。(笑)おーー、見える見える!

d0114149_7283463.jpg




大満足の、『アッパー・アンテロープキャニオン』。
ツアーから戻ってきて、すぐに『ロウアー・アンテロープキャニオン』に向かいました。
これがまたすごかったんだ・・・。

続きはまた明日~

今回アッパー・アンテローブツアーを予約した『パウエルミュージアム』のキャニオンツアー予約ページはこちら。
http://reservations.powellmuseum.org/CanyonTours.html

『パウエルミュージアム』はページの町のビジターセンターも兼ねていて、ホテルの予約や、アンテロープキャニオンツアー、レイクパウエルクルーズ、ハウスボートのレンタル等も手数料無料で手配してくれるそうです。
もちろんHPから予約もOK。今回、キャニオンのツアーと翌日のレインボーブリッジボートツアーとでお世話になりました。
パウエルミュージアムのホームページ
http://www.powellmuseum.org/Index.html

アッパー・アンテロープキャニオンツアーは、現地でも申し込みできるけど、夏のシーズンは観光客も多いし、太陽が真上に来る正午前後のツアーに確実に参加するためにも、予約しとくのがいいと思います。

[PR]
by gamapan | 2008-06-01 06:21 | 旅行

ただいま。

3連休の旅行から帰ってきました。
心配していた天気も、現地に着くとうそのようないいお天気!
自分の晴れ女っぷりを再確認したよ。

ものすごい枚数写真を撮ったので、今晩ダンナの分と合わせて整理しなくちゃ。

とりあえず、こんな感じでしたと写真を数枚のせときます。
d0114149_222287.jpg
d0114149_223882.jpg
d0114149_225653.jpg
d0114149_2204663.jpg
d0114149_232278.jpg
d0114149_23414.jpg
d0114149_221875.jpg


覚書も兼ねて、旅行の詳細はまた後日まとめて書きます。
[PR]
by gamapan | 2008-05-28 02:21 | 旅行
3日目は帰るだけ。
チェックアウトはお部屋で簡単に出来るので楽チンでした。
で、最後にすこーしカジノで遊んで、帰ります。
ちなみに今回のギャンブル収支は、マイナス100ドルぐらいかな?
2人ともスロットしかしないし、掛け金のでかい台ではしない。
そもそもちょこちょこっと遊ぶくらい。
3日間で負けが100ドル程度ですんでよかったよかった。

帰りも、砂漠の道をひた走ります。
帰りは渋滞してなかったんで、夕方には家へ。

今回は、ショー満喫の旅でした。
この時期は夜寒いし、空気の乾燥がハンパじゃないけど、ホテルもちょっと安くなる時期みたいだし、来年あたりまた行きたいな。
[PR]
by gamapan | 2007-12-24 06:08 | 旅行
ラスベカス2日目。
めちゃめちゃいい天気です。
2つとなりの『エクスカリバー』まで歩いて行って、なぜかラスベガスまで来て『クリスピークリーム』のドーナツとスタバのコーヒーで朝ごはん。
ドーナツもコーヒーもラスベガス価格(笑)でした。クリスピークリームなんて1.5倍くらいしたんちゃうか?
でも朝だったんで、オリジナルグレイズドが出来たてで、ふわふわでめちゃウマ。
あいかわらずアタマが割れそうに甘いんだけど、おいしい。

d0114149_5211115.jpg
これはお隣の『ニューヨークニューヨーク』。

その後、『マンダリンオリエンタル』に最近出来た水族館『Shark Reef』へ。
その名のとおり、サメが売りらしい。
そんなに大きい水族館ではないけど、意外に楽しめました。
d0114149_5213456.jpg
d0114149_5215094.jpg
サメはいっぱいいた。
ノコギリザメがかっこよかった。

で、夕方までモールをぶらぶらしたり、カジノで遊んだりして、ショーの前に早めにモンテカルロの中華レストランで晩御飯。
この中華がうまかった!スシもあって、ちょっと頼んだらこれも美味い。
こんなことなら、昨日バッフェ行くんじゃなかった・・・・。

2日目のショーはニューヨークニューヨークで『ZUMANITY』。
これも昨日と一緒のシルクドソレイユです。
でも、コレはアダルト向けのショーです。
シルクがアダルトショーを作ったらどうなるんだろう?
昨日がすばらしかったんで、もう期待は膨らみます。

劇場は「O」よりも小さいんで、舞台が近くてさらにいい感じでした。
しかも「ZUMANITY」は、劇場に入ったらロビーにもうダンサーがいる!
入ったらすぐに、腹筋がくっきり割れてる男前が壁にもたれて気だるげにしてるし~!!
かっこよすぎて直視できません・・・・。
ミニの綺麗なお姉さんたちがポーズ取ってるし~!!
目があったら、色っぽく笑いかけてくれます。・・・・かわいい。
ドリンクコーナーの隣にはちっちゃいステージがあって、ベットの上でセクシーなお姉さんが下着姿で横たわってポーズとってます。
ものすごいうれしそうな顔したオヤジが、かぶりつきでずーっとお姉さん見てました(笑)。
おっさん、おっさん、そんなあなたを見てみんな笑ってますよ・・・。

あと、気が付いたのは、昨日の「O」よりもドレスアップ率高し!
キラキラドレスのお姉さんや、背中の大きくあいたドレスなど、お客さん観察もおもしろかった。

ショーが始まるまでも、ピエロ的なお兄さんや林家パー子みたいなおばちゃん、オデブちゃん達が客席のお客さんをいじって笑わせてくれます。
一番前の席と、前方通路側は恥ずかしがり屋さんにはキケンです(笑)。
アダルトショーですから、お客いじりの内容ももちろん下ネタですから(笑)。
しかしさすがアメリカ人、ノリいいです。
期待以上の反応をして笑わせてくれるお客さんが多い!
もちろん恥ずかしがる客さんもいるけど、そこはプロが上手くまとめて笑わせてくれます。
英語力あんまりなくても、十分笑えました。下ネタは英語力無くてもなんとなく分かるもんです。
ショーの最中も、前の席のお客さんはステージに上げられたりします。
じつは事前にそのことを知っていたので、あんまり前過ぎない席を予約したのです。
ほら、うちら恥ずかしがり屋さんの日本人やし・・・・。
私たちの席は、中ほどの通路近く。
十分舞台も近いし、ダンサーが目の前の通路を通るんで、近くで見れてお得でした。


で、ショーの内容ですが、これがまた良かった!!
昨日の『O』より好きかも。
というのが、『O』とかはダンサーはボディースーツみたいな服着てますよね。
『ZUMANITY』はトップレスショーだから、ダンサーはみんなほぼ全裸みたいなもんです。
だからね、ダンサーの筋肉の動きとかがよーくわかる。
そのぶん迫力があるように感じました。
大掛かりな舞台装置とかはないし、登場するダンサーも「O」みたいに多くないけど、その分一人一人の演技に集中して見れた。
鍛えられた肉体は本当に綺麗で、服は着ない方が絶対綺麗だなぁと。
すごくハードなアクロバティックな演技をするお姉さん、全然見た目筋肉質じゃない。
どこに筋肉ついてるんだろうってくらいスリムなのに、不思議~。

綺麗で、セクシーで、笑えて、堪能しました。
あと、ショーが終わったあとも、ロビーにダンサーがいます。
写真も取らせてもらえてたみたい。
でも帰りはすごい人だったんで、近くでダンサーが見たい場合は、ショーの前に早めに来てロビーで話しかけたらいいかもねー。

あんまり気に入ったから、パンフレット買って帰りました。
そしたらパンフレットも18禁だったよ(笑)。
[PR]
by gamapan | 2007-12-23 05:39 | 旅行
遅くなりましたが、クリスマスのラスベガス旅行について。
混むかもしれないと予想して、お昼ごはんのサンドイッチを用意して、ちょっと早めに家を出ました。
といっても8:30くらい。
道は、I-15North⇒215North⇒I-15North。
ほとんど一本道なんで簡単。215からI-15に乗り換えてしばらくいったところで渋滞。(泣)
一時間ぐらいはノロノロでした。砂漠に入ってからは渋滞ナシ。
d0114149_349455.jpg
右をみても
d0114149_350839.jpg
左を見てもこんな感じ。
d0114149_3502748.jpg
いけどもいけども
d0114149_3511522.jpg
こんな感じ。
途中、ファッションアウトレットでちょっとお買い物して、ラスベガス到着は3:30すぎでした。
d0114149_4111893.jpg

今回泊まったホテルは『モンテカルロ』。
ラスベガスの大通り『ストリップ』沿いで場所も便利、値段もお手ごろのわりに綺麗、ということで決めました。
両隣は『ニューヨークニューヨーク』と『ベラッジオ』。
今回見るショーがあるホテル2つが隣接していてとっても便利。
1日目はベラッジオで『O』を見るので、着いたらすぐに予約したチケットをピックアップしにベラッジオのBox Officeへ。
当日券待ちの人たちが5時前の段階でもう行列してました。(1回目のショーは7:30~)
d0114149_353585.jpg
d0114149_3532857.jpg
ラスベガスは夕方からが綺麗だね~。
ショーは10:30からなので、それまでに晩御飯。モンテカルロのバッフェに行きました。
ここ、安いです。でも、内容も安いなりだった・・・・。生牡蠣があるって聞いてたんだけど、この日は入荷してなかったみたい。(泣)

で、ちょこっとカジノで遊んでショー『O』へ。
劇場の中の売店で、『O』っていうオリジナルカクテル($12)が売ってるんで、それを買ってみました。
このカクテル、おいしかった。マンゴー味のフローズンカクテル。
かなり量が多いんで、2人で一杯で十分。
席は、思ったよりもステージが近くって満足。
もちろんショーの内容も、もう最高でした。
シルクドソレイユって初めて生で見たけどすごいね。
音楽も、歌もぜんぶ生演奏なんだね。
舞台に向かって左寄りの席だと、2階のガラス張りブースで歌っている人が良く見えます。

『O』、もう一回見なきゃって思った。
だってステージに出てるダンサーみんなの演技は一度じゃ見きれない。
もう一回見ても新鮮に見れると思います。
終わったのは12:30ぐらいかな?
もう大満足でした。
翌日の『ZUMANITY』にも期待しつつ部屋に帰りました。
d0114149_3535985.jpg

[PR]
by gamapan | 2007-12-22 04:32 | 旅行
写真が手元になかったので、ブログアップが遅れましたが、先週の東海岸初上陸旅行、1日目の夜は、ターキー祭りでした。
d0114149_727352.jpg
ターキー丸焼きは人生初!
おいしかったー。

xenoさんのお知り合いのご家族のお家に、私たちもお邪魔してサンクスギビングのご馳走をいただきました。
もうおなかぱんぱんになるまでご馳走になって大満足でした。

サンクスギビングデーには、家族が集まってお家でターキーの丸焼きをグレービーソースやクランベリーソースで食べたり、パンプキンパイやらアップルパイ、ペカンナッツパイやらを食べたり、するそうです。
当日はお店やレストランもほとんど閉まってます。
そして翌日からセール!セール!セール!
早朝から店の前は目玉商品を求める客で行列です。(前日からっていうツワモノもいたよ)
こりゃあ日本のお正月みたいな行事だな、と認識しました。
ESLでも先生が言ってたけど、ターキー焼いた家では、しばらくはターキーサンドイッチとか、ターキーサラダとかが続くらしい・・・・。
ターキーの丸焼きはおせち料理のようなものなんだろうな。
[PR]
by gamapan | 2007-11-30 07:25 | 旅行
東海岸最終日、4時30の飛行機で帰るまで、めいいっぱい堪能しました。
まず、朝はワシントンDCからポトマック川を挟んだ対岸にあるバージニア州アーリントンへ。
アーリントンといえば、『アーリントン国立墓地(Arlington National Cemetery)』。
d0114149_6401354.jpg
d0114149_6362588.jpg
d0114149_6375561.jpg
めちゃくちゃ広いです。
ここには、アメリカ独立戦争から現在までの戦没者の墓地があるそう。
大統領は軍の最高司令官なので、亡くなったらここに埋葬されるらしい。
d0114149_6481263.jpg
ジョン・F・ケネディ大統領のお墓。

無名戦士の墓(Tomb of the Unknowns)の前は、衛兵が24時間います。
d0114149_6531587.jpg
ものすごーく訓練しているんだろうけど、腰から上がまったくぶれずに歩くのがすごい!
d0114149_65522100.jpg
ちょうど一時間に一回の衛兵交代も見れました。
この日もとっても寒かったのですが、雨や雪の日ももちろん、夜中もずっとこれを続けるってすごいなぁ。

で、次にアレキサンドリアへ。
古い町並みのポトマック川沿いの街です。
d0114149_754714.jpg
アンティックショップやレストラン、カフェがいっぱいあって、1日目に行ったアナポリスのようにぶらぶら散策するのに良い街でした。
d0114149_77429.jpg
ポトマック川対岸の紅葉も綺麗。
d0114149_794099.jpg
左奥の川沿いのレストランで、ランチ。
寒い日だったので、熱々のクラムチャウダーがおいしかったー。
ここでもクラブケーキを注文してしまいました。
カニ身ごろごろタイプでおいしかったです。

で、空港に送ってもらい、サンディエゴに戻ってきました。
今回は先輩のおかげで、本当に盛りだくさんに満喫できた旅でした。
ずーっと運転もしてくれて本当に感謝感謝です。
[PR]
by gamapan | 2007-11-24 06:29 | 旅行
東海岸2日目は、まずアナポリスへ。
d0114149_355652.jpg

アナポリスには海軍兵学校があり、IDを提示すれば中に入って見学できます。
サンクスギビングのお休み中で、学校内には制服をきた海兵さんはほとんどいませんでした。残念!
大聖堂に入ったらちょうどパイプオルガンの練習?をしていて、聴くことが出来ました。ホール中に音が反響してそりゃあ綺麗でした。
ステンドグラスも見事。
d0114149_343922.jpg
ステンドグラスのデザインにも海兵さんが。
d0114149_345159.jpg

アナポリスはメリーランド州の州都だそうですが、こじんまりとした古い街で、ぶらぶら散策するのにいいかんじでした。
d0114149_3153040.jpg

こんな路地とかもあったりする。
d0114149_3172086.jpg

そして、ここに来たら絶対食べなきゃいけないというxenoさんオススメのクラブケーキサンド!
d0114149_3173142.jpg
クラブケーキっていうのは、カニの身をマヨネーズとかであえて、まとめた物をこんがり焼いたもの、とでも言いましょうか。
ここのクラブケーキは、カニの身が『ごろんごろん』ってかんじで、おいしかったー。
港に面したちっちゃなフードコートの中のお店で買って、外で食べました。
外は寒かったけど、いい天気だし、気持ちいい昼食でした。

その後、『大西洋が見たい!』といううちら夫婦のわがままで、海まで行ってもらいました。
ずーっと、農場が続く田舎道を走り続けること約3時間。
ついたー!
d0114149_3174098.jpg
初大西洋!!広い!きれい! でもさむーーーい!!!ずーっと続く海岸がとても綺麗でした。
d0114149_334659.jpg
夏にはバカンス客でにぎわうオーシャンシティだそうですが、シーズンオフの今は、海岸にもほとんど人がいなくて大西洋独り占め状態。
しかし、いかんせん寒かった・・・・。もっと見ていたくても、あまりの寒さに退散です。

『きーーん』とするような寒さ、というのはサンディエゴにいたら経験できませんが、東海岸はほんとに寒かったです。
まだまだ序の口らしいですが、十分『冬』の寒さを満喫しました。
あと、『風』。
ハンパない強さの風が吹きます。
一日目のDCにて体験しました。目が開けられないくらいの風。もちろん冷たーい。
東海岸名物だそうです。
[PR]
by gamapan | 2007-11-23 03:03 | 旅行
アメリカでは11月22日はサンクスギビングデー。
ダンナの会社も22日、23日とお休みで、4連休(祝日の少ないアメリカでは連休はめちゃ貴重!)だったので、東海岸へ行って来ました!
大学時代のサークルの先輩、xenoさんのお家に泊めてもらいさらに車で観光に連れて行ってもらうという贅沢な旅!

21日の夜にロサンゼルス空港から、ワシントン・ダレス国際空港へ。
到着は早朝。
d0114149_148770.jpg
車の中からきれいな朝焼けが見れました。

そのまま、滝が見れるという自然公園『Great Falls Park』に連れて行ってもらい、早朝のお散歩。
d0114149_157270.jpg
紅葉がとってもきれい!
d0114149_1595074.jpg
しばらくトレイルを歩くと、滝が。
d0114149_212234.jpg
早朝のすがすがしい空気の中で森を歩いてとっても気持ちがよかったです。
あと、この公園に行くまでの道が、森の中を通っているんだけど、道沿いに「お城ですか??」っていうような豪邸がいっぱいありました。
東海岸の家はイギリス風とでもいうのでしょうか、西海岸とはちょっと違うかんじ。

その後、xenoさん家に荷物を置いて、地下鉄でワシントンDCへ。
xenoさん家はメリーランド州ですが、地下鉄でワシントンまで約30分。
このへんは地下鉄が発達していて便利だな~。
私今回まで知らなかったんですが、ワシントンDCってどこの州にも属さない連邦政府直轄の特別区なんだそうです。
d0114149_2195887.jpg
d0114149_2231116.jpg
d0114149_2232196.jpg
d0114149_2264787.jpg
ワシントンDCは首都だけあって、きれいな街でした。
ちょうど紅葉がきれいでほんとうに気持ちよく歩けました。

最後にスミソニアン博物館へ。
d0114149_2294887.jpg
これがスミソニアン本部。
スミソニアン博物館は、美術館だけ見ました。
他にも航空宇宙博物館とか、自然史博物館、などなどいっぱいあります。
しかもひとつひとつがでかい。そして全部ダタ!太っ腹ですスミソニアン。
全部制覇しようと思ったら一週間ぐらい必要だな。
ちょうど、見たかった作家『Edward Hopper』の特別展をやっていて、超ラッキーでした。
NHKの「迷宮美術館」だかでやってて、すごく気になってたんだよね~。

一日目にして、充実した観光でした。が、この日はコレで終了ではないのです。
夜には、さらなるイベントが!・・・・その2に続く・・・・。(今写真がないのよね・・・)
[PR]
by gamapan | 2007-11-22 01:41 | 旅行