ダンナの転勤により2007年7月20日よりサンディエゴに住んでます。2011年1月から日本に出稼ぎ中。


by gamapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2月のお出かけ② オールドタウン オレンジ

2月はなんだかお買い物熱に火がついており、ロングビーチのフリーマーケットの一週間後、オレンジカウンティーのオールドタウンにあるアンティーク街に行ってしまいました。
しかも一人で行ってきたよ。
一人でこんなに遠出したのは初めて。

最近まで知らなかったのだけど、オレンジカウンティの『Old Towne Orange』には、アンティークショップやアンティークモールがいっぱい集まってて有名らしい。

朝、休日出勤のダンナが仕事へ行った後、おにぎり1個と麦茶をお供に、5号線をひた走り。
家から約76マイル(約122km)。
ちょうど時速75マイル前後で走ったので、1時間ちょっとで到着!
d0114149_9313530.jpgd0114149_9413126.jpg
Chapman Ave.とGlassell Streetの交差する所にサークルがあり、そこを中心にアンティークショップやモールがいっぱい。
メインの通り沿いや裏通りに無料の駐車スペースあり。でも2時間パーキングなんで、2時間おきに車動かさなきゃいけないのがちょっと不便。
いっぱい店があるんで、2時間じゃあ見きれません。
私も一回車移動。しかも2回目の駐車スペースがなかなか見つからなくて困った。
4時間ほどで、6つぐらいアンティークモールをまわったけど、まだある・・・・。全部まわるのは一日がかりだな。
しかし、こんだけたくさん店が集まってると、いろんなものありました~。
でも品揃えのいいブースはお値段もいい。
Fire Kingがびっちりガラスケースに詰まってるブースは、見るだけ見るだけ。
棚の片隅でホコリにまみれた掘り出し物を探してきました。
d0114149_9383444.jpg
薄汚れてるからか、値札の半額になってたFire KingのミキシングボウルL、1950年代中期の刻印。
落ちない汚れでも・・・・?と思ったけど、安いから購入。
家に帰って洗ったら、ぴっかぴかになりました。
ラッキー。
d0114149_9483212.jpg
デビルスエッグ用にエッグプレートが欲しかったので購入。
刻印ないけどFire Kingらしい。
これ、フチのゴールドが気に入らないのでスコッチブライトか何かでこすって落とせないかと画策中。

d0114149_9384557.jpg
エッグプレートとおんなじシリーズだと思うお皿。
オードブルを盛り付けるのに便利そう。10ドルがさらに20%OFF。

 
d0114149_9393129.jpgコレはサンディエゴで先日買った、レリッシュプレートのターコイズ色。
上のシリーズのターコイズ色もどうやらあるらしいので、探したけど見つからず。
このゴールドリム、どうにかしてはがしてやるぜ。ゴールドリムはきれいに残ってるほうがヴィンテージとしての価値は高いそうだけど、別に転売するわけでもないし、自分でガンガン使うんで、いいのです。剥がすのです。
d0114149_939941.jpg
たま~にアンティークモールで見かけたことのあるこのカスタードカップ?
うっすら白っぽくて、ナタデココみたいで気になってた。
今までは、一個とか二個とかでしか見たことなかったけど、大きい方が6個まとめ売りされてたので買ってしまった。ついでに小さいの2個も。
お会計の時に、レジに通りかかった店のおっちゃんが、「いいチョイスだね~。僕もフライ好きだよ。」って。
?フライとはなんぞや??
よーく見ると、底の刻印に『FRY』ってある。
「会社の名前か・・・?」って思って、家に帰って調べてみた。
『H.C. Fry Glass Company』という会社らしい。1901年創業。
パイレックス素材を使って、オーブンウェアを1920年代ごろから作ってたみたい。
で、このカスタードカップは1927って刻印と小さいほうが1936って刻印。

これでゼリーを作るのだ!
[PR]
by gamapan | 2009-02-27 09:11 | お買い物