ダンナの転勤により2007年7月20日よりサンディエゴに住んでます。2011年1月から日本に出稼ぎ中。


by gamapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ラスベガス 2日目 2007/12/23 晴れ

ラスベカス2日目。
めちゃめちゃいい天気です。
2つとなりの『エクスカリバー』まで歩いて行って、なぜかラスベガスまで来て『クリスピークリーム』のドーナツとスタバのコーヒーで朝ごはん。
ドーナツもコーヒーもラスベガス価格(笑)でした。クリスピークリームなんて1.5倍くらいしたんちゃうか?
でも朝だったんで、オリジナルグレイズドが出来たてで、ふわふわでめちゃウマ。
あいかわらずアタマが割れそうに甘いんだけど、おいしい。

d0114149_5211115.jpg
これはお隣の『ニューヨークニューヨーク』。

その後、『マンダリンオリエンタル』に最近出来た水族館『Shark Reef』へ。
その名のとおり、サメが売りらしい。
そんなに大きい水族館ではないけど、意外に楽しめました。
d0114149_5213456.jpg
d0114149_5215094.jpg
サメはいっぱいいた。
ノコギリザメがかっこよかった。

で、夕方までモールをぶらぶらしたり、カジノで遊んだりして、ショーの前に早めにモンテカルロの中華レストランで晩御飯。
この中華がうまかった!スシもあって、ちょっと頼んだらこれも美味い。
こんなことなら、昨日バッフェ行くんじゃなかった・・・・。

2日目のショーはニューヨークニューヨークで『ZUMANITY』。
これも昨日と一緒のシルクドソレイユです。
でも、コレはアダルト向けのショーです。
シルクがアダルトショーを作ったらどうなるんだろう?
昨日がすばらしかったんで、もう期待は膨らみます。

劇場は「O」よりも小さいんで、舞台が近くてさらにいい感じでした。
しかも「ZUMANITY」は、劇場に入ったらロビーにもうダンサーがいる!
入ったらすぐに、腹筋がくっきり割れてる男前が壁にもたれて気だるげにしてるし~!!
かっこよすぎて直視できません・・・・。
ミニの綺麗なお姉さんたちがポーズ取ってるし~!!
目があったら、色っぽく笑いかけてくれます。・・・・かわいい。
ドリンクコーナーの隣にはちっちゃいステージがあって、ベットの上でセクシーなお姉さんが下着姿で横たわってポーズとってます。
ものすごいうれしそうな顔したオヤジが、かぶりつきでずーっとお姉さん見てました(笑)。
おっさん、おっさん、そんなあなたを見てみんな笑ってますよ・・・。

あと、気が付いたのは、昨日の「O」よりもドレスアップ率高し!
キラキラドレスのお姉さんや、背中の大きくあいたドレスなど、お客さん観察もおもしろかった。

ショーが始まるまでも、ピエロ的なお兄さんや林家パー子みたいなおばちゃん、オデブちゃん達が客席のお客さんをいじって笑わせてくれます。
一番前の席と、前方通路側は恥ずかしがり屋さんにはキケンです(笑)。
アダルトショーですから、お客いじりの内容ももちろん下ネタですから(笑)。
しかしさすがアメリカ人、ノリいいです。
期待以上の反応をして笑わせてくれるお客さんが多い!
もちろん恥ずかしがる客さんもいるけど、そこはプロが上手くまとめて笑わせてくれます。
英語力あんまりなくても、十分笑えました。下ネタは英語力無くてもなんとなく分かるもんです。
ショーの最中も、前の席のお客さんはステージに上げられたりします。
じつは事前にそのことを知っていたので、あんまり前過ぎない席を予約したのです。
ほら、うちら恥ずかしがり屋さんの日本人やし・・・・。
私たちの席は、中ほどの通路近く。
十分舞台も近いし、ダンサーが目の前の通路を通るんで、近くで見れてお得でした。


で、ショーの内容ですが、これがまた良かった!!
昨日の『O』より好きかも。
というのが、『O』とかはダンサーはボディースーツみたいな服着てますよね。
『ZUMANITY』はトップレスショーだから、ダンサーはみんなほぼ全裸みたいなもんです。
だからね、ダンサーの筋肉の動きとかがよーくわかる。
そのぶん迫力があるように感じました。
大掛かりな舞台装置とかはないし、登場するダンサーも「O」みたいに多くないけど、その分一人一人の演技に集中して見れた。
鍛えられた肉体は本当に綺麗で、服は着ない方が絶対綺麗だなぁと。
すごくハードなアクロバティックな演技をするお姉さん、全然見た目筋肉質じゃない。
どこに筋肉ついてるんだろうってくらいスリムなのに、不思議~。

綺麗で、セクシーで、笑えて、堪能しました。
あと、ショーが終わったあとも、ロビーにダンサーがいます。
写真も取らせてもらえてたみたい。
でも帰りはすごい人だったんで、近くでダンサーが見たい場合は、ショーの前に早めに来てロビーで話しかけたらいいかもねー。

あんまり気に入ったから、パンフレット買って帰りました。
そしたらパンフレットも18禁だったよ(笑)。
[PR]
by gamapan | 2007-12-23 05:39 | 旅行